文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム 検索結果詳細
検索結果詳細
1/1件
前の資料    次の資料
選択した資料の詳細
九色のしか
中国の昔話
廣済堂あかつき 2020.5
資料の状況
蔵書数 3冊 貸出可能数 3冊 貸出数 0冊 予約件数 0件

資料コード請求記号場所資料区分状態持禁
411318017W/E/り/ 新松戸分館新松戸こども児童書貸出可
330551698 /E/く/ 矢切分館児童児童書貸出可
340650829 /E/く/ 馬橋分館児童児童書貸出可
詳細情報
ISBN
4-86702-029-6
13桁ISBN
978-4-86702-029-6
分類記号
E
価格
¥1600
大きさ
22×30cm
ページ数
37p
抄録
砂漠をこえて森に出かけた薬草とりの男。そこで九色にかがやくしかにみとれ、川に落ちてしまった。しかは男にかけよると…。敦煌の壁画「鹿王本生」を元に、台湾の絵本作家コンビが描いた絵本。解説も収録。
児童内容紹介
王妃(おうひ)の命令(めいれい)で、人をうつくしくする薬草(やくそう)をさがしに森へやってきた、薬草とりの男。森のなかで、光かがやく、うつくしい九色のしかにみとれた男は、川におちてしまうが、九色のしかにたすけられる。感謝(かんしゃ)する男に、しかは自分のことはだれにも言わないように言うが…。
著者紹介
1970年生まれ。作家。
著者紹介
1971年生まれ。画家。

1/1件
前の資料    次の資料