トップ

松戸市立図書館

ログイン

検索結果詳細
前へ 次へ
フランス史 7

蔵書数: 1冊 貸出数: 0冊
貸出可能数: 1冊 予約件数: 0件
予約かごへ入れる
資料の状況
本館 <121633085>
貸出可 / 2F / 一般書 / / /235.0/ミ/7 / 
詳細情報
ISBN 4-8460-1785-9
13桁ISBN 978-4-8460-1785-9
著者原綴 Michelet Jules
原書名 原タイトル:Histoire de Franceの抄訳
分類記号 235.04
価格 ¥4500
大きさ 20cm
ページ数 470p
一般件名 フランス 歴史 中世
一般件名 フランス 歴史 16世紀
抄録 緻密な資料検証の積み重ねでアナール学派の源流となるとともに、生き生きとした筆力でフランスの歴史をあざやかに蘇らせた大著の全訳。7は、「フランス史」のなかの「十六世紀史」第1部「ルネサンス」を収録。人名索引付き。
内容要旨 時代はルネサンスへ。十六世紀、コロンブスからコペルニクスへ、コペルニクスからガリレオへ、地上の発見から天上の発見へと進んでいくなかで、人間は自身を発見した。―本書「序章」より。
目次情報 フランス軍、イタリアへ侵入(一四八三〜一四九四年);「イタリアの発見」(一四九四〜一四九五年);ローマにおけるシャルル八世(一四九五年);二つの世界の邂逅;サヴォナローラ;チェーザレ・ボルジア;チェーザレ・ボルジアの凋落(一五〇一〜一五〇三年);ルイ十二世;反フランス神聖同盟(一五一〇〜一五一二年);ラヴェンナの戦い;新生フランス;予言者ミケランジェロ;カール五世;フランソワ一世;マリニャーノの戦い(一五一五年);フランスとヨーロッパ;ルネサンス、初期の性格
著者紹介 1798~1874年。パリ生まれ。高等師範の歴史学教授、国立古文書館の部長、コレージュ・ド・フランス教授を歴任。
著者紹介情報 <ミシュレ,ジュール> フランス革命末期の1798年8月にパリで生まれ、父親の印刷業を手伝いながら、まだ中世の面影を色濃く残すパリで育ち勉学に励んだ。1827年、高等師範の歴史学教授。1831年、国立古文書館の部長、1838年からコレージュ・ド・フランス教授。復古王制やナポレオン三世の帝政下、抑圧を受けながら人民を主役とする立場を貫いた。1874年2月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
著者紹介情報 <桐村 泰次> 1938年、京都府福知山市生まれ。1960年、東京大学文学部卒(社会学科)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)