トップ

松戸市立図書館

ログイン

検索結果詳細
前へ 次へ
戦国時代の終焉

蔵書数: 1冊 貸出数: 0冊
貸出可能数: 0冊 予約件数: 1件
予約かごへ入れる
資料の状況
本館 <121630438>
予約中 / 2F / 一般書 / / /210.4/サ/  / 
詳細情報
ISBN 4-642-06770-6
13桁ISBN 978-4-642-06770-6
分類記号 210.48
価格 ¥2200
大きさ 19cm
ページ数 233p
一般件名 日本 歴史 安土桃山時代
一般件名 北条氏(小田原)
抄録 天下の帰趨は小田原落城前に決まっていた。戦国時代末期、「関東統一」を夢見る北条氏とそれにあらがう戦国武将たちの戦いを追いながら、次第に秀吉の圧力に屈しきれなくなっていく北条氏の挫折を描く。
内容要旨 天正十二(一五八四)年、北関東の領主連合軍と北条氏が下野国南部沼尻で激突。北条氏の関東覇権が成就するかに見えたが、時代は戦乱でなく天下統一に遷っていた。合戦の詳細と、秀吉・家康の行動から時代を読み解く。
目次情報 第1章 織田信長と北条氏政・氏直―天正十年まで;第2章 合戦の序曲―天正十年後半〜十一年;第3章 沼尻の合戦―天正十二年;第4章 小牧・長久手の戦いとの連動;第5章 合戦の中に生きる人びと;第6章 沼尻の合戦後の東国;第7章 秀吉による東国の戦後処理;第8章 「豊臣の天下」と「北条の夢」―天正十七年
著者紹介 1961年東京都生まれ。明治大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程退学。公益財団法人東京都歴史文化財団江戸東京博物館学芸員。博士(史学)。著書に「中世武士の城」など。
著者紹介情報 <齋藤 慎一> 1961年東京都に生まれる。1987年明治大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程退学。現在、公益財団法人東京都歴史文化財団江戸東京博物館学芸員博士(史学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)