Top

Matsudo Public Library

Login

Search Result Details
Previous Next
落暉の兆

Holdings: 2 Checked Out: 2
Available for Loan: 0 Holds: 3
Add to My cart
Item Status
古ヶ崎分館 <350536363>
Checked Out / -- / General book / / /F/ア/  / 
八ヶ崎分館 <470432121>
Checked Out / -- / General book / / /F/ア/  / 
Detailed Information
ISBN-10 4-576-19061-7
ISBN-13 978-4-576-19061-7
NDC 913.6
Price ¥648
Size 15cm
Number of Pages 315p
Abstract 越前大野藩の御耳役・落合勘兵衛は身重の妻を連れ帰郷した。だが、「無駄の勘兵衛」という風説と、上司の江戸留守居役・松田への誹謗に驚愕する。やがて江戸に戻った勘兵衛は、使番からの“大名総登城”の触れにおののき…。
Content Summary 越前大野藩の御耳役・落合勘兵衛は身重の妻を連れ帰郷した。だが勘兵衛は大野に流れる奇妙な風説に驚愕した。無茶の勘兵衛ではなく、無駄の勘兵衛という風説。そして上司の江戸留守居役・松田への誹謗。なにかがおかしい。誰が、どんな意図で…。やがて江戸に戻った勘兵衛は、深更、藩邸に騎馬で上意を伝えに来た使番からの“大名総登城”の触れにおののいて…。
Author Info. <浅黄 斑> 関西大学工学部を経て技術系社員として会社勤務の後『雨中の客』で推理小説新人賞を受賞し、文壇デビューを果たす。次いで『死んだ息子の定期券(他)』で第4回日本文芸大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)