Top

Matsudo Public Library

Login

Search Result Details
Previous Next
検証奈良の古代遺跡

  • 古墳・王宮の謎をさぐる
  • 吉川弘文館 2019.8
  • 小笠原 好彦∥著
Holdings: 1 Checked Out: 1
Available for Loan: 0 Holds: 0
Add to My cart
Item Status
新松戸分館 <411299480>
Checked Out / -- / General book / / /216.5/オ/  / 
Detailed Information
ISBN-10 4-642-08356-0
ISBN-13 978-4-642-08356-0
NDC 216.5
Price ¥2200
Size 21cm
Number of Pages 5,210p
Related Subject 古墳
Related Subject 都城
Related Subject 遺跡 遺物 奈良県
Abstract 古代には大和と呼ばれ、政治や文化の中心地だった奈良。葛城や飛鳥の古墳、王宮跡など30遺跡を新説とともに紹介し、考古学の研究成果に「記紀」「万葉集」などの記述をふまえ、背後に展開した新たな古代世界を描く。
Content Summary 古代には大和と呼ばれ、政治や文化の中心地だった奈良。葛城や飛鳥の古墳、王宮跡など30遺跡を新説とともに紹介。考古学の研究成果に「記紀」『万葉集』などの記述をふまえ、背後に展開した新たな古代世界を描く。
Index Info. 第1部 大和の古墳時代(鴬塚古墳―大和の船形埴輪を配した大型首長墳;佐紀陵山古墳―佐紀盾列古墳群の大型首長墳;馬見古墳群―葛城氏の勢力を示す前期・中期の古墳群 ほか);第2部 飛鳥の古墳と被葬者(都塚古墳―冬野川の南に築造された蘇我氏の古墳;石舞台古墳―巨石で築造した大型の横穴式石室;文殊院西古墳―阿倍氏の本拠に築造された横穴式石室 ほか);第3部 飛鳥の宮殿(小墾田宮―推古天皇が造営した王宮;斑鳩宮―法隆寺東院にあった厩戸皇子の王宮;飛鳥宮跡―飛鳥時代の政治の中心舞台 ほか)
Author Profile 1941年青森市生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了。奈良国立文化財研究所主任研究官などを経て、滋賀大学名誉教授。博士(文学)。著書に「聖武天皇が造った都」など。
Author Info. <小笠原 好彦> 1941年青森市に生まれる。1966年東北大学大学院文学研究科修士課程修了。奈良国立文化財研究所主任研究官、滋賀大学教授、明治大学大学院特任教授を経て、滋賀大学名誉教授・博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)