Top

Matsudo Public Library

Login

Search Result Details
Previous Next
13歳からの読解力

  • 正しく読み解き、自分の頭で考えるための勉強法
  • PHPエディターズ・グループ PHP研究所(発売) 2020.11
  • 山口 謠司∥著
Holdings: 2 Checked Out: 1
Available for Loan: 0 Holds: 5
Add to My cart
Item Status
小金原分館 <321181927>
On Hold / -- / Children's book / / /J817/じ/  / 
六実分館 <390665065>
Checked Out / -- / Children's book / / /J817/じ/  / 
Detailed Information
ISBN-10 4-569-84680-4
ISBN-13 978-4-569-84680-4
NDC 817.5
Price ¥1200
Size 18cm
Number of Pages 126p
Related Subject 国文 評釈
Related Study 国語
Abstract 「読解力」とは、読む力、書く力、考える力、伝える力の総合力のこと。一生使える「読解力」を身につけよう! さまざまな言語で書かれた文献を数多く読破してきた著者が、読解力の基本的な考え方や役に立つ習慣を紹介する。
Content Summary 同じものを読んでいるのにどうしてこんなに差がつくの?「読む力」「書く力」「考える力」「伝える力」一生使える力が身につく!
AbstractForChildren 「読解力」とは、「読む力」「書く力」「考える力」「伝える力」の総合力です。こうした総合的な言語能力を磨くことで、さまざまな言葉からより多くのことを学び、発想していくことができるようになるのです。「読む力」を磨き、「書く力」を鍛え、「考える力」を高め、「伝える力」をのばす方法を紹介します。
Index Info. 第1章 「読む力」を磨く(そもそも日本語って難しい;シンプルな文章でも読み解くのは難しい;「わかったつもり」が思考を停止させる;読む力を高める5つのポイント);第2章 「書く力」を鍛える(「書く」ことで初めてアタマが整理される;批評にチャレンジする;読書ノートをつくろう);第3章 「考える力」を高める(「考える」がないと意味がない;時には言葉どおりに受け取らない;完全にオリジナルなものなんて存在しない?);第4章 「伝える力」をのばす(正しく「伝える」のは意外に難しい;議論をしてみよう);第5章 すぐにはわからないことで世の中は満ちている(人生で何度も読み返したくなる本を見つけよう;日本の文化を理解しよう;悩みは人を育てる(言葉は心の原動力))
Author Profile 1963年長崎県生まれ。大東文化大学文学部教授。博士(中国学)。専門は文献学。「日本語を作った男」で和辻哲郎文化賞を受賞。ほかの著書に「語感力事典」「文豪の悪態」など。
Table of Contents
はじめに
第1章 「読む力」を磨く
  そもそも日本語って難しい
  主語が省略されていても通じるのは日本語だけ
  日本語だけがこんなに複雑
  すでに高い語学的センスをもっている
  シンプルな文章でも読み解くのは難しい
  この童話を読み解けますか?
  まずは言葉どおりに読む
  作者の伝えたいことを読み解く
  客観的に読み解く
  「わかったつもり」が思考を停止させる
  「わからない」が出発点
  客観的に自分を見られると、勉強が楽しくなる
  読む力を高める5つのポイント
  1 文章を流れでつかむ
  2 「主観」と「客観」、そして「客観」の中の「主観」
  3 5W1Hで分解して理解する
  4 接続詞に注目し、先を予想する
  5 句読点が少ない場合は声に出す
  とにかくたくさん読む
第2章 「書く力」を鍛える
  「書く」ことで初めてアタマが整理される
  とにかく「メモ」をとる
  メモを溜めると楽しくなる
  200字で見たままに書く
  中心を決めることでわかるもの
  批評にチャレンジする
  読みながら「ツッコミ」を書き込んでみる
  誰かが書いた感想に反論してみる
  読書ノートをつくろう
  読んだ本をしっかりアタマに入れるコツ
  すぐに役立ちそうにないことを書き残しておく
  「考える」がないと意味がない
第3章 「考える力」を高める
  本当の「知力」とは応用力
  「なんのために?」をいつも気にしよう
  「書いていないこと(=行間)」が読み取れるか
  時には言葉どおりに受け取らない
  多数決も絶対じゃない
  完全にオリジナルなものなんて存在しない?
  ルーツを探る
  アイデアだって、すべては組み合わせ
第4章 「伝える力」をのばす
  正しく「伝える」のは意外に難しい
  「話す」前に正しく「聞く」ができているか
  語彙力がないと伝えられない
  議論をしてみよう
  議論とは、自分の考えを深めて鍛えること
  議論にはルールが必要
  あえて自分とは逆の意見で議論してみる
第5章 すぐにはわからないことで世の中は満ちている
  人生で何度も読み返したくなる本を見つけよう
  美智子様と『デンデンムシノ カナシミ』
  いま「わからない」ことも後で役に立つ
  日本の文化を理解しよう
  曖昧さが日本の文化をつくり出す
  日本らしさ、自分らしさを守る
  悩みは人を育てる(言葉は心の原動力)
  言葉の海に漕ぎ出す君たちに羅針盤を
参考文献